新井伸征医師

新井伸征医師 リハビリテーション科

さとう記念病院 リハビリテーション専門医

ブレインジムとの出会い

2012年初夏ごろ、子供が発達障害を疑われて悩んでいた時に、同じ悩みを持つ保育園の知り合いの方から体験講座のお誘いがあり、まず妻が参加しました。その講座で紹介されていた「ブレインジムと私」という本が自宅にあり、その本を読んで興味を持ちました。本を読んで、新しい脳の理解の仕方(基本3軸など)が載っていたので、面白いな~というのが最初の感想でした。

ブレインジムと医療との連携、活用事例

【患者様のプロフィール】

70歳前後の女性の患者様。脳卒中のために左半身が動かしにくくなっていました。

【顕著な症状と導入前までの経過】

日常生活動作、歩行が難しい。歩行はなんとか見守りがあれば、数十mは可能でありましたが、動かしにくい左側へ倒れてしまいがちでした。

【導入した施術とその後の経過】

フックアップを行って頂いたところ、左へ倒れることが少なくなり、右側にも体重が掛るようになった感じがしました。

【患者様のプロフィール】

50歳代の男性の患者様。脳卒中のため、話す事が苦手になっていました。

【顕著な症状と導入前までの経過】

ゆっくりとであれば、日常生活の中の会話は可能でしたが、少し早く話そうとすると、うまく言葉が出せない状態になってしまった。

【導入した施術とその後の経過】

レイジーエイトを行ったところ、50音を順番に言う、速さが若干速くなった印象でした。

【患者様のプロフィール】

20歳代の女性の患者様。脳炎後脳症のため、四肢および体幹を滑らかに動かす事が苦手になっていました。

【顕著な症状と導入前までの経過】

手すりを持てば、なんとか立っていることが出来る程度でした。

【導入した施術とその後の経過】

座りながらのエレファントを行ったところ、手すりを持たずに立つことが出来るようになりました。

今後の展開について

理学療法、作業療法、言語聴覚療法の中に、ブレインジムを組み入れたい。
まずは、興味・関心をもつセラピストと出あうため、体験講座を開く。興味・関心をもったセラピストを育てる(講座に参加)。その後、臨床場面で活用しながら、症例数を増やし、適応などを考察していく。ある程度時期が来たら、学会へ発表を行っていく。その後、浸透してブレインジムのアクティビティを行う事がリハビリテーションの現場で日常になるようにしたい。

以上がセラピスト向け

目標の設定、アンカーリング、ブレインジム的全身状態の把握、セラピストへのアドバイスをリハビリテーション科医師は行えるようにしたい。
まずは、自分自身がブレインジムについて深く理解し、上記の目標を達成する。その後の流れは、セラピスト向けと同様。リハビリテーション科医師が目標設定、アンカーリング、ブレインジム的全身状態の把握、セラピストへのアドバイスが出来ることが日常になるようにしたい。
医師、セラピストが連携することでブレインジムを行っていき、医師、セラピスト、そして患者様の人生が豊かになるようにしたい。
福祉の分野でもブレインジムを浸透させていきたい。

今道との連携

わたくし自身を育てて頂きたい。 興味をもったセラピストがいたら、その人たちを育てて頂きたい。 リハビリテーション時のブレインジムのアクティビティ選択を含め、ブレインジムとリハビリテーションを融合させる時のアドバイザーとなって頂きたい。